Testdriver - 簡単なベンチマークオートメーション

無料オンデマンドウェビナー
PCおよびMac向け簡単なCPUヘルスモニタリング

こちらのオンデマンド ウェビナーでは、当社のPCおよびMac向けの20秒CPUヘルステストが、どのようにCPUパフォーマンスの測定と信頼性の高いスコアへの変換を行い、簡単に比較できる方法をご紹介しています。CPUヘルステストを利用することで、問題のあるハードウェアを特定し、コストのかかるダウンタイムの削減に役立てることができます。

今すぐ見る

簡単なベンチマーク オートメーション

ベンチマークは、PCのパフォーマンスをテストし、比較するために不可欠なツールです。しかし、一度に数台以上のシステムを手作業でベンチマークする作業は、すぐに時間のかかる作業に変貌します。また、結果ファイルをじかに収集しなければならない場合、結果報告にも労力がかかります。

Testdriverは、ベンチマーク オートメーションを容易にします。Testdriverでは、テストするPCに立ち会う必要はありません。中央制御コンソールから、組織内のあらゆるPCにベンチマークをデプロイし、実行することができます。

ネットワーク上のどのデバイスからでも、ベンチマークの実行スケジュールの設定、実行状況、および結果の閲覧が可能です。Testdriverは、ベンチマークのリモートインストールと実行を行い、その結果を中央データベースに自動的に返送します。強力な機能とオプションにより、Testdriverは数百台、さらには数千台のPCを一度に簡単にベンチマークすることができます。

  • 簡単なベンチマーク オートメーションで企業の時間とコストを削減。
  • ネットワークに接続されたすべてのPCで、ベンチマークの設定、スケジューリング、実行が可能。
  • Testdriverは無制限なクライアントシステム数と実行数に対応しています。
  • すべてのベンチマーク結果を一元的なデータベースに自動的に収集、保存。
  • 強力な内蔵レポート、チャート、データ分析。
  • UL Procyon、PCMark 10、3DMark、VRMarkに対応。
  • サードパーティーのベンチマーク、アプリケーション、システムアップデートのデプロイと実行に対応。
  • 設定や使用が簡単で、Testdriver は、すべてのWindows PCやサーバーで動作します。

便利なコントロール

Testdriverでは、便利なブラウザベースのコンソールで、ベンチマーク オートメーションを簡単に実現することができます。また、ネットワーク上のすべてのPCに、リモートでベンチマークのインストールと実行を行うことができます。ベンチマーク実行の設定とスケジュールは、無制限に設定することができます。Testdriverでは、同時に数百、さらには数千のクライアントシステムのベンチマークが可能です。制御コンソールを使い、ネットワーク上のどのデバイスからでも、各テスト対象のシステムのステータスのモニタリングや進捗管理を簡単に行うことができます。Testdriverは、各システムから自動的に結果を収集し、中央データベースに保存することで簡単にアクセスして報告できるようにしています。

インストール

Testdriverでは、ネットワーク経由でベンチマークをリモートでインストールし、実行することができます。テスト対象のシステムに付きっきりでいる必要はありません。クライアントに手動でインストールが必要なのは、Testdriverクライアントコンポーネントのみです。一度インストールすると、すべてのベンチマークのインストールとアンインストールが管理されます。

Admin Tool(管理ツール)を使って、Futuremark SystemInfoおよびTestdriverクライアントの新バージョンをデプロイし、クライアントマシン上の自動更新を開始させることができます。Testdriverを新しいドライバーやその他のシステムアップデートをデプロイするためにお使いいただけます。

実行

Testdriverは、柔軟な対象設定とコントロールを提供します。例えば、部門別にPCを定義することもできます。単一のワークロードから複数のテストにまたがるマルチパスまで、一連のベンチマークを定義することができます。そして、お客様やユーザーの都合の良いタイミングに実行スケジュールを設定することができます。Testdriverでは、システム数、ベンチマークグループ数、スケジュール実行数は無制限です。

Testdriverは、UL Procyon、PCMark 10、3DMark、VRMarkをはじめとするUL Solutionsの業界標準ベンチマークに対応しています。また、サードパーティーのベンチマークやソフトウェアツールの実行やオートメーションも可能です。

報告

Testdriverは、すべてのベンチマーク結果を自動的に収集し、一元的なデータベースに保存します。Testdriverの強力な内蔵レポートと結果管理でデータベースを探索したり、独自のビジネス インテリジェンス ソフトウェアやツールをご使用いただけます。

Testdriverの柔軟な検索、ソート、フィルターを使い、ベンチマーク結果の傾向や異常を検出できます。ベンチマークの結果は、印刷に適した表やインタラクティブなチャートツールで確認することができます。PDFレポートの保存、またはMicrosoft ExcelやCSVファイルへのエクスポートにより、さらなる分析が可能です。

スクリーンショット


Testdriverの使用


エンタープライズIT

Testdriverを使用することで、IT管理者はコストと時間のかかる現場監査を、一元管理されたリモートテストとモニタリングに置き換えることができます。社内のデバイス資産を管理し、パフォーマンスの低いシステムを特定することができます。

Testdriverでは、定期的な固定スケジュールに従うのではなく、必要なときだけシステムを交換することで、コストの無駄を回避することができます。また、すべてのユーザーにアップデートを配布する前に、一部のシステムでソフトウェアアップデートの影響を評価することができます。

生産ライン

ベンチマークテストは、生産現場のオペレーションに欠かせないツールです。Testdriverを使用することで、デバイスメーカーは、生産ラインから出荷されるデバイスのテストに必要な手作業を劇的に削減することができます。Testdriverはベンチマークを自動化し、時間の節約、エラーの減少、レポートの改善、品質の確保を実現します。

また、Testdriverは、過去のテストデータのデータベースに簡単にアクセスできるため、担当者は迅速に傾向を把握し、問題を解決することができます。

IT調達

PCを大量に購入する企業では、1台あたりのコストを少し節約するだけで、コスト総計が数百万円単位で削減されることがあります。しかし、パフォーマンス要件を正確に定義したベンダーに中立的な入札書を作成することは、購入者側の大きな課題となっています。

Testdriverでは、ベンチマークスコアでPCのパフォーマンスを特定することができます。これにより、入札の比較が容易になります。Testdriverを使えば、必要以上のスペックを持つPCで予算を浪費することなく、ベンダー間の公平でオープンな競争によって予算を節約することができます。

Testdriver ロゴ

Testdriver on-premises license

  • Testdriver年間ライセンス。ベンチマークライセンスは別売です。
  • UL Procyon、PCMark 10、3DMark、VRMarkのベンチマークに対応。
  • サードパーティーのベンチマーク、アプリケーション、システムアップデートに対応。
  • 一度に実行できるクライアント数は無制限。
  • 無制限のスケジュール実行数。
  • 無制限の同時起動回数。
  • 無制限のデータベースとレポート。
  • メールと電話による優先サポート。
見積もり プレスライセンス

Testdriver Cloud Edition — NEW!

オンデマンド ウェビナーで、この新しいバージョンの素晴らしい機能の詳細をご覧ください。

今すぐ見る

最小システム要件

OS Windows 7、.NET 4.5で64-bit
ストレージ 7.5GBの空き容量+結果データベース

エンドポイントの要件はベンチマークによって異なります。

Windows 11対応

Testdriverは、Windows 11に対応しています。この互換性には、現在対応しているすべてのベンチマークテストが含まれます。

言語

  • 英語

サポート

最新バージョン 1.6.2549 | 2021年12月20日

Powered by