VRMark、VRベンチマーク

パソコンはVRに対応していますか?

VRゲームでは、一般的なPCゲームよりもはるかに高いパフォーマンスが求められます。そのため、HTC ViveやOculus Riftの購入を検討している方は、自分のPCがVRに対応しているかどうかを事前に知っておくことが得策です。

VRMarkには3つのVRベンチマークテストが含まれています。テストは、ヘッドセットなしで、お持ちのモニター、または接続したHMD上で実行することができます。各テストの最後に、お使いのPCがVRに対応できるかどうか、対応できない場合はどの程度不足しているかを知ることができます。

  • PCがHTC ViveやOculus Riftの要件を満たしているかを確認。
  • ヘッドセットなしで3つのVRベンチマークをPCでテスト。
  • 詳細な結果やハードウェアのモニタリンググラフ提供。
  • エクスペリエンスモードで各シーンをVRやモニターで確認。
  • 自社開発のグラフィックスエンジンとテストコンテンツにで公正かつ中立的な結果を保証。

VRMark Orange Room

HTC ViveとOculus RiftのVR対応の準備


VRMark Orange Room VRベンチマークテスト

ベンチマーク

Orange Roomベンチマークは、HTC ViveとOculus Riftの推奨ハードウェア要件を満たすPCで達成される目覚ましいレベルのディテールを示すことができます。このテストに合格したPCは、現在最も普及している2つのVRシステムに対応することができます。

体験

エクスペリエンスモードを使って、自分の目でシステムのパフォーマンスを判断することができます。VRヘッドセットには、処理が遅れたフレームを補正するための巧妙な技術が使用されています。フレームレートが低い場合でも、VR体験のクオリティの高さに驚く方もいるでしょう。ぜひVRやモニターでじっくり確認してみてください。

機能

  • HTC ViveとOculus Rift向けのVR対応ベンチマーク。
  • フレームごとの詳細なパフォーマンスグラフ。
  • カスタム設定でテストを微調整。
  • デスクトップモニターやVRヘッドセットで実行可能。

VRMark Cyan Room

VR向けDirectX 12ベンチマーク


VRMark Cyan Room VRベンチマークテスト

ベンチマーク

Cyan RoomはDirectX 12のベンチマークです。大規模で複雑なシーンや目を引くエフェクトが数多く搭載されています。Cyan Roomは、オーバーヘッドが少ないAPIを使用することで、ごく平均的なPCシステムでも、目覚ましいVR体験の開発を支援できることを実証します。

体験

VRシステムには、処理が遅れたフレームを補うための巧妙な技術が使われています。フレームレートが低い場合でも、その体験のクオリティの高さに驚く方もいるでしょう。エクスペリエンスモードでは、VRヘッドセットを使い、自分の目でシステムのパフォーマンスを判断することができます。

機能

  • 自社製の純正DirectX 12 VRエンジン。
  • フレームごとの詳細なパフォーマンスグラフ。
  • カスタム設定でテストを微調整。
  • デスクトップモニターやVRヘッドセットで実行可能。

VRMark Blue Room

未来のハードウェアに向けた高いハードル


VRMark Blue Room VRベンチマークテスト

ベンチマーク

Blue Roomは、最も負荷の高いVRMarkテストです。最新のグラフィックカードのベンチマークに最適です。大迫力の5Kレンダリング解像度と壮大なボリュメトリック照明効果により、Blue Roomは未来のハードウェア世代に向けたハードルを設定します。

体験

VRシステムには、処理が遅れたフレームを補うための巧妙な技術が使われています。フレームレートが低い場合でも、その体験のクオリティの高さに驚く方もいるでしょう。エクスペリエンスモードでは、VRヘッドセットを使い、自分の目でシステムのパフォーマンスを判断することができます。

機能

  • 世界で最も負荷の高いVRベンチマーク。
  • 大迫力の5Kレンダリング解像度(5120×2880)。
  • カスタム設定でテストを微調整。
  • デスクトップモニターやVRヘッドセットで実行可能。
VRMark ロゴ

家庭用

VRMark Basic Edition

Steam

無償


  • Orange Room

Steamのストアページの「デモをダウンロード」ボタンをクリックして、 VRMark Basic Editionをダウンロードしてください。

VRMark Advanced Edition

購入 Steam


  • Orange Room
  • Cyan Room
  • Blue Room
  • カスタムベンチマーク設定
  • テストの個別インストール
  • オフラインで結果を保存

Advanced Editionバンドル

3DMark + PCMark 10 + VRMark
完全なベンチマークバンドル。

  25% オフ

購入 Steam

業務用

VRMark Professional Edition

見積もり 出版関係者向けライセンス

年額995ドルから


  • Orange Room
  • Cyan Room
  • Blue Room
  • カスタムベンチマーク設定
  • テストの個別インストール
  • オフラインで結果を保存
  • プライベート、オフライン結果オプション
  • コマンドライン オートメーション
  • 商用利用可能なライセンス
  • Testdriver®に対応
  • メールと電話による優先サポート

ヘビーユーザーのお客様ですか?

エンタープライズIT、生産ラインQA、PCライフサイクル管理のための簡単なベンチマーク オートメーションソリューションである当社の「Testdriver」についてぜひお問い合わせください。


Professional Editionバンドル

ベンチマークを二つ以上購入すると、バンドル ディスカウントをご利用いただけます。

お問い合わせ

見積もり

最小システム要件

OS Windows 7、64-bit、Service Pack 1搭載
プロセッサー SSE 4.1対応デュアルコアCPU
メモリ 2 GBのシステムメモリ
グラフィックス DirectX 11、1.5GBメモリ搭載
ストレージ 2GBの空き容量

Windows 11対応

VRMarkは、Windows 11に対応しています。

サポート

最新バージョン 1.3.2020 | 2018年6月20日

言語

  • 英語
  • ドイツ語
  • ロシア語
  • 簡体字中国語

Professional Editionライセンス

シングルシートライセンスは、オンラインアクティベーションにインターネット接続が必要です。シングルシートライセンスでは、一度に1つのシステムにソフトウェアをインストールすることができます。

サイトライセンスでは、オフラインでアクティベーションとソフトウェアの使用をすることができます。サイトライセンスでは、一度に複数のシステムでソフトウェアを実行することができます。

Powered by